引越し前の部屋の下見

一人暮らしをしている人またはこれからしようと思っている人では、ほとんどの場合は賃貸住宅、 それも賃貸マンションということになるでしょう。 私も一人暮らしを合計で15年くらいに渡ってしていましたが、 すべて賃貸マンションに住んでいました。それも合計3ケ所でした。 その経験からアドバイスをされてもらうと、 主としてこれから一人暮らしの賃貸マンションで暮らしを始めようと考えている人にですが、 初めに住む場所を決めるときに、当然、仲介業者などと下見をすることが多いと思いますが、 その際に自分が住みたいと感じる部屋の大きさよりも、 かなり大きめの部屋を借りることをお勧めしたいと思います。

それは、ほんの短い間しか生活しないのならともかくとして、 少なくとも住み期間を数年以上と考えてるならば、住めば住むほど荷物が増えてきて、 部屋がどんどん手狭になっていってしまうということです。 私などもいつも部屋を決める場合はかなり広いと思って入居するのですが、 まず荷物を入れると思ったより場所をとることが多く、それでもかなりあいている場所があったとしても、 数年して他の場所に引っ越すとなる時には、 相当スペースが狭くなっていまっていることが多かったのです。 直接の動機ではありませんでしたが、それも広い場所へ引っ越す訳の一つではありました。小さな引越し便のケートラックス

現代では、そこそこに時間ごとに大胆に物を処分しなければ物は貯まる一方です。 当たり前ですが、初めの荷物より減るということはめったにあることではありません。 くれぐれも部屋は大きめを選んだほうが良いでしょう。